バグダールは収監せず不名誉除隊へ

2017.11.4


 military.comによれば、バウ・バグダール軍曹(Sgt. Bowe Bergdahl)がアフガニスタンで基地を立ち去り、偶然にタリバンの氏配下になってから8年以上後、バグダールは金曜日、ノースカロライナ州の法廷を自由になって歩き去りました。

 仲間を危険にさらした件で有罪を認めたバグダールは罰金を科され、E1(二等兵)へ降格され、不名誉除隊となりましたが、刑期は受けませんでした。

 判決の一部として、バグダールは10ヶ月間について、毎月給料の1000ドルを失います。

 バグダールは評決が非常に早く読まれたので、震えて、感情的に見えました。

 アジアでの会議へエアフォースワンで行く途中のトランプ大統領(President Trump)は判決に反対をツィートしました。

 「バグダール軍曹に対する決定は我が国と我軍への完全でまったくの不名誉です」とトランプは書きました。

 2009年6月に彼が基地を去った後、バグダールを見つけるための任務の間に負傷した生存者からの感情的な証言の数週間に続いて、検察官は14年間の服役を求めました。

 バグダールの弁護段は刑期を求めませんでした。

 バグダールは任務放棄と敵前での不法行為で終身刑に直面しました。

 青い礼装を来て、バグダールは短い朝の法廷の間、緊張しているように見えました。

 法廷を歩き去るとき、彼は歯ぎしりをするかのように顎を締め、それから顰め面をして床を見ました。

 最終弁論で、弁護段はバグダールはタリバンの同盟者による残虐な監禁の5年間ですでに十分な監禁をうけたと主張しました。

 彼らは裁判官に不名誉除隊と刑期を与えないよう求めました。

 精神科医は持ち場を離れたバグダールの決定は、一部は困難な幼児期にもたらされた心的外傷後ストレス障害だけでなく、行動の結果を理解するのをむずかしくする統合失調症性人格障害とよばれる統合失調症に似た状態の影響を受けていたと証言しました。

 検察官は刑期14年間を求め、バグダールを探した隊員の重症を指摘しました。

 「バグダール軍曹は彼の選択の結果として苦痛を独占していません」と検察官のジャスティン・オシャナ少佐(Maj. Justin Oshana)は言いました。

 バグダールと負傷した捜索者を比較して、彼は「相違はすべての苦痛は彼の選択から生じたということです」。

 オシャナ少佐は、彼の考えが曇っていたという考えに反対するために、バグダール自身の言葉を引用しました。

 法廷のモニタの中で、バグダールがアメリカへ戻った後の初期調査から引用を示しました。部隊に問題に注意をひかせるために立ち去ったと述べたバグダールは、行方不明の兵士の警報が広がるかを彼がどのように心に描いたかを調査官に説明しました。

 バグダールは、要請は「陸軍司令部へずっとあがり、空軍へ、海兵隊へ行きます。すべての高い場所へ行きます。誰もがそれについて知ります」と言いました。


 既知の部分やトランプのコメントの詳細は省略しました。

 収監しないのは、5年間の拘禁生活を反映したものです。ほぼ弁護団の主張が通っていますが、妥当な判決です。

 裁判官には14年を超える刑期を与える権利もありましたが、やはり分別を働かせたのでしょう。

 バグダールにとって、よい判決です。これからの人生は大変でしょうが。

 不名誉除隊なので、バグダールが軍隊にいたことで得られる利益のほとんどは失われます。何らかの公的保護を受けることになりそうです。

 この事件はよい結末得たと思います。心から安堵しています。

 

 


Copyright 2006 Akishige Tanaka all rights reserved.