バグダール裁判:軍情報部は被告を高評価

2017.11.1


 military.comによれば、バウ・バグダール軍曹(Sgt. Bowe Bergdahl )は情報の金の鉱脈で、軍が武装勢力と彼らが人質を換金する方法をより理解するのを助けたと、職員2人は火曜日に証言しました。

 バグダールの判決手続での証言は、バグダールが2009年に失踪したあと、捜索任務で被った負傷について証言した数人の隊員を含めて、厳しい処罰を好む訴追に反対する証拠の意味がありました。

 軍情報部で16年間を過ごしたアンバー・ダッハ(Amber Dach)は、失踪した後の5年間、バグダールの事件を担当した主要なアナリストでした。

 彼女は、彼が米国当局に戻された後、ドイツにいる日々、病院で情報当局者をどれくらい助けたがったかを述べました。

 彼の声は弱くてかすれていたけども、彼は当局を助け、次の報告の時間に提示するために休み時間に図さえ描きました。

 バグダールに報告を求めた、ドイツでの彼の時間を証言したダッハともう一人の当局者はどちらも、彼が追加の時間に機密情報を提供できるように部分的に延長されたと証言しました。

 「彼は思い出した詳細のすべてをダウンロードすることだけを強く希望しました」と彼女は証言しました。

 「それは金の鉱脈でした。それは本当に我々がこの地域で情報収集を行った方法を再構築しました」。

 元捕虜の復帰と隊員用のサバイバル訓練を開発するのを助けた軍情報部の当局者は、バグダールが彼に提供した情報は非常に貴重だったと証言しました。

 統合隊員回復局(the Joint Personnel Recovery Agency)の部長のテレンス・ラッセル(Terrence Russell)は、データベース化されたバグダール報告から1,200ページの記録を作り出しました。

 この情報は、軍隊がまだ使っている、この地域で武装勢力と人質を取る者たちが使う戦術に関する報告を生み出しました。

 ラッセルは、彼はバグダールからさらに学びたいと思うが、兵士の訴訟事件がそれを妨げたと言いました。

 「明日、彼を私にもらえますか?。私は彼が必要です。いま、私は彼を必要とします」と彼は被告弁護士に言いました。

 「私がその情報を得られないという事実は間違っています。私にはそれが必要です」。

 彼は、湾岸戦争からの最近の紛争で捕虜になった、軍のサバイバル訓練のためにビデオ映像や講義を提供できる約30人の隊員の登録名簿にバグダールを加えたいと言いました。

 「アフガニスタンから出てくるとても多い実例を我々は持ちません」と彼は言いました。

 彼は、バグダールの監禁はベトナム戦争時代以降に経験した、どのアメリカ人戦時捕虜のよりもひどいという彼の過去の声明を再確認しました。

 月曜日、バグダールは彼を探して負傷した者たちへ謝罪することで、弁護側の陳述を開始しました。

 彼は、銅線で殴られたり、不衛生な状況で生み出された胃腸の問題が絶え間なく続いたことを含めて、直面した悲惨な状態も説明しました。

 彼は数回脱出を試みた後、5年間の中の4年間を檻に監禁されたと言いました。

 彼は筋肉がかろうじて立ったり歩いたりできるまでに弱くなったと言いました。

 100人以上の元人質や戦時捕虜から報告を受けたラッセルは、バグダールの檻の中の時間は、ほとんどすべての時間で孤立にされていたため、心理的に有害だったと言いました。

 「彼らはドアを閉めるだけでした。長期間の孤立。精神的な虐待です」と彼は言いました。

 「それは最大の放置でした。彼らは4年間、その檻の中で彼をまさにほとんど腐らせました」。

 弁護団はバグダールのスケッチを用いて、ラッセルの機関が造った檻の複製品の画像を法廷に示しました。

 ラッセルはサバイバル訓練のためにそれを用います。


 必要な部分を除いて、これまでの記事との重複部分は省略しました。

 この証人は意外でした。しかし、実に有益です。被告にとっても、軍にとっても。

  また、とても感情を揺さぶられる証言です。バグダールがドイツで情報部に協力していた頃、自分を探した兵士が負傷した件は伝えられていなかったはずです。それは治療にとって有害だからです。それでも、彼は情報部に協力して、悲惨な捕虜体験を報告しようとしました。

 脱走罪は軍を捨てる意志を持ち、そう公言し、行動した者に課せられます。バグダールは他の兵士の参考になるように、タリバンに関する情報を提供したのです。これは彼が戦友愛を持ち続けていたことを示します。つまり、脱走罪を適用することの可否が問われるのです。

 また、長期間の拘禁を考えると、彼を終身刑にして拘束することが人道的といえるかという問題も出てきます。収監しても、拘禁に絶えない状態になる可能性もあります。

 この事件は、自衛隊も多くを学ぶ必要があります。海外での戦地任務は国連活動くらいしかなく、捕虜交換のやり方も、捕虜の復帰プログラムも知りません。万一、国連活動中に隊員が敵勢力に拘束された場合、ほとんど何もできません。

 直ちにアメリカに隊員を派遣して、バグダール事件について、米軍の協力を仰いで研究する必要があります。これはほとんど最大の捕虜拘禁事件なのですから。

 

 

 


Copyright 2006 Akishige Tanaka all rights reserved.