ニュース解説
最新ニュースをスパイクこと私が読み解きます。(週末を除いて、ほぼ毎日更新)

ワンポイント解説
軍事問題を理解するのに役に立つことを解説します。

『アンブロークン』上映問題
批判された戦争映画に関する客観的検証。

推奨メディア
スパイクが推薦する参考本その他のメディアを紹介します。(15.1.21更新)

読者からの寄稿
各地から送られてきた情報やご意見を掲載します。(15.6.3更新)

画像ライブラリ
私や皆様から投稿して頂いた写真を掲載します。(09.4.9更新)

amazon.com支店
関連商品を探しやすい通販ストア。

「TacOps」サロン
軍事研究に最適のウォーゲームを探求します。(09.11.24更新)

軍事用アプリ紹介
軍事研究に使えるiPhone、iPod Touch用アプリを紹介します。(10.1.11更新)

アンケート調査室
不定期にアンケートを実施して、皆様の意見を伺います。第2回調査はただ今集計中。(08.2.1更新)

書  庫
資料をダウンロードできます。(10.7.30更新)

リンク集
軍事問題を考える上で役に立つサイト集。

当サイトの主旨

お問い合せ
マスコミなど、業務でお問い合せの方はこちらからどうぞ。

2006.7.7 開設

787,575

Yesterday: 196
Today: 141

フェイスブックでも情報発信中
記事の更新情報やその他の話題はこちらで


米軍とロシア軍がデリゾールの紛争回避を協議

2017.9.22

 dodbuzz.comによれば、アメリカとロシアの地上部隊指揮官は今週、シリアの東部国境地域でイスラム国との戦いで「お互いを撃たない」ことを確実にするために会合を持ったと、米軍報道官が木曜日に言いました。 …続く


シリア民主軍がラッカ戦は最終段階と発表

2017.9.21

 alarabiya.netによれば、アメリカが支援するシリア民主軍(SDF)は水曜日、ラッカ(Raqqa)をイスラム国から奪還する作戦は最終段階にあり、その戦闘員は街の80%を占領したといいました。 …続く


新型レーザー兵器の開発が進行中

2017.9.21

 defensetech.orgによれば、米空軍特殊作戦軍のトップは、軍が来年、ガンシップの試作品を試験する計画だと言いました。 …続く


シリア民主軍がラッカ市の90%を支配

2017.9.20

 alarabiya.netによれば、アメリカが支援する戦闘員は、戦略的な地域5ヶ所を占領した後、シリアのラッカ(Raqqa)を90%イスラム国から奪ったと監視グループは水曜日に言いました。 …続く


デリゾール市を巡る戦いが熾烈化

2017.9.19

 alarabiya.netによれば、シリア軍は月曜日にデリゾール(Deir al-Zor)でユーフラテス川の東側を渡ったと、メディアと監視グループは報告し、アメリカが支援する軍隊も前進しているこの地域でのプレゼンスを強めました。 …続く


ミサイル防衛の矛盾と疑問

2017.9.18

 日本政府のミサイル防衛は、相次ぐ北朝鮮の弾道ミサイル発射によって段階的に強化されています。しかし、現段階でもその有効性には疑問があり、日本国民は事実上、丸腰の状態に置かれていることを、分かりやすい表現で説明します。 …続く


石破氏の政府批判に誤りあり

2017.9.18

 自民党の石破茂氏が、先日の北朝鮮の弾道ミサイル発射に関して、政府の対応を批判する意見を自らのブログに出しました。しかし、この意見が大きく間違っているので、指摘をしておきます。 …続く


北朝鮮が火星12号を再度発射

2017.9.15

 毎日新聞によれば、韓国軍合同参謀本部などによると、北朝鮮は日本時間15日午前6時57分ごろ、平壌の順安(スナン)付近から東に向けて弾道ミサイル1発を発射した。 …続く


オスプレイ事故は機体固有の問題か?

2017.9.13

 stripes.comに載った記事によると、日本の防衛省が米軍から沖縄で起きたオスプレイの墜落事故の説明を受けて、その要旨を発表しています。その中に、私の仮説を裏付けるかもしれないことが書かれています。 …続く


オスプレイ墜落原因はパイロットエラー?

2017.9.12

 military.comによれば、昨年12月、日本の沖縄の北部沖でMV-22「オスプレイ」が海岸に墜落したことに海兵隊のパイロットは責任があると、海兵隊は月曜日、短い声明の中で発表しました。 …続く


HP内全文検索

検索オプション

第82回アカデミー賞6冠!
ハート・ロッカー

私が劇場用パンフレットに《解説》を書きました。
当サイトの関連記事


サイト運営者の本

テポドン2号は衛星ロケット」
と指摘した唯一の本!
好評発売中!


プレジデント誌絶賛!



   
Copyright 2006 Akishige Tanaka all rights reserved.