ニュース解説
最新ニュースをスパイクこと私が読み解きます。(週末を除いて、ほぼ毎日更新)

ワンポイント解説
軍事問題を理解するのに役に立つことを解説します。

『アンブロークン』上映問題
批判された戦争映画に関する客観的検証。

推奨メディア
スパイクが推薦する参考本その他のメディアを紹介します。(15.1.21更新)

読者からの寄稿
各地から送られてきた情報やご意見を掲載します。(15.6.3更新)

画像ライブラリ
私や皆様から投稿して頂いた写真を掲載します。(09.4.9更新)

amazon.com支店
関連商品を探しやすい通販ストア。

「TacOps」サロン
軍事研究に最適のウォーゲームを探求します。(09.11.24更新)

軍事用アプリ紹介
軍事研究に使えるiPhone、iPod Touch用アプリを紹介します。(10.1.11更新)

アンケート調査室
不定期にアンケートを実施して、皆様の意見を伺います。第2回調査はただ今集計中。(08.2.1更新)

書  庫
資料をダウンロードできます。(10.7.30更新)

リンク集
軍事問題を考える上で役に立つサイト集。

当サイトの主旨

お問い合せ
マスコミなど、業務でお問い合せの方はこちらからどうぞ。

2006.7.7 開設

877,994

Yesterday: 93
Today: 26

フェイスブックでも情報発信中
記事の更新情報やその他の話題はこちらで


グリーンベレー殺害が軍事裁判へ

2019.9.22

 military.comによれば、いじめに関連したグリーンベレー隊員の死亡で起訴された海軍シールズ隊員と海兵隊員に対する裁判が始まります。 …続く


米海兵隊が非致死性兵器を開発中

2019.9.20

 military.comによれば、命は奪わないものの、海兵が取り組んでいる非致死性兵器のいくつかはかなり破壊的に見えます。 …続く


HIV陽性の隊員が除隊に抗議して提訴

2019.9.19

 HIV陽性の米空軍隊員2人の弁護士は水曜日、連邦上訴審にトランプ政権に彼らに対する除隊手続きを続けることを禁止する差し止め命令を守るよう求めました。 …続く


米海兵隊が新しい砲撃タブレットを配備

2019.9.18

 military.comによれば、米海兵隊の支援火力部隊はいまや、手軽で耐久性のあるタブレットから大砲、迫撃砲、艦砲射撃を調整できます。 …続く


バグダディが音声メッセージを公表

2019.9.17

 military.comによれば、イスラム国の指導者は月曜日に、過激派グループのメンバーに刑務所と収容所に囚われるイスラム国の勾留者と女性を自由にするためにあらゆることをするよう求める新しい音声記録とされるものを公表しました。 …続く


元参謀本部議長が現役兵の国境派遣に反対

2019.9.14

 military.comによれば、ホワイトハウス当局が現役兵を南西の国境へ送るアイデアについて検討しはじめるとき、当時の統合参謀本部議長ジョン・ケリー(John Kelly)は、隊員がこの任務について考えていることについて彼の見解を伝えました。 …続く


米陸軍がM1戦車の後継も研究中

2019.9.5

 military.comによれば、米陸軍がブラッドレー戦闘車を置き換える努力を進めるとき、軍高官が冷戦時代のM1エイブラムス戦車で何をするかを決めるのには、さらに3年間かかるでしょう。 …続く


米陸軍が次世代分隊火器の製造企業を選択中

2019.9.3

 military.comによれば、米陸軍は軍隊の次世代分隊火器(NGSW)を選ぶ試験の次の段階へ進むために3社を選択しています。 …続く


マティス元長官が著書でトランプを批判

2019.8.30

 military.comによれば、元国防長官で退役海兵大将のジム・マティス(Gen. Jim Mattis)は水曜日に、トランプ政権で働き、後に辞職した決断を詳しく説明したウォール・ストリート・ジャーナル紙上の2,300語の論説で、8カ月間の沈黙を破りました。その中で、彼は内部抗争は国の民主主義の理想を脅かしていると警告もしました。 …続く


ナチスのフレーズ引用で徴募指揮官が停職へ

2019.8.28

 military.comによれば、米陸軍の徴用部の指揮官が、より多くの新兵の契約を取るよう徴募官たちを鼓舞するためのメモの中で、第2次世界大戦の死のキャンプの入り口に吊るされた悪名高いフレーズを用いたとされて停職となりました。 …続く


HP内全文検索

検索オプション

第82回アカデミー賞6冠!
ハート・ロッカー

私が劇場用パンフレットに《解説》を書きました。
当サイトの関連記事


サイト運営者の本

テポドン2号は衛星ロケット」
と指摘した唯一の本!
好評発売中!


プレジデント誌絶賛!



   
Copyright 2006 AKishige TanaKa all rights reserved.